矯正治療の対象となる不正咬合の種類

八重歯・乱杭歯(叢生)不正咬合
犬歯などが飛び出して他の歯と重なっている状態です。乳歯例や混合歯列(乳歯と永久歯が混じった時期)に、でこぼこや八重歯がある場合、その程度にもよりますが永久歯の抜歯を伴う治療が多くなります。小児期に治療を行い、あごの成長を利用して永久歯のスペースを確保すると、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

出っ歯(上顎前突)不正咬合
上の前歯が大きく前突している状態。遺伝や指しゃぶり、口呼吸が原因と言われています。「単に前歯が出ている」「上あごが大きい」「下あごが小さい」という3タイプの症状があり、それぞれ治療法が異なります。出っ歯は7才ぐらいに予測できます。その時期に小児矯正を行うことで、将来的に永久歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高まり、上下のあごのバランスを整えることも期待できます。

受け口(下顎前突・反対咬合)不正咬合
下あごが出ている状態。成長期の受け口は顔の成長にも大きく影響し、上下のあごの成長のバランスが崩れ、三日月のようなしゃくれた顔立ちになる可能性が高まります。永久歯の生え替わりやあごの成長のバランスを診ながら、矯正開始時期を見極める必要があります。軽度の場合、前歯の生え替わりの時期に自然に治る場合もあります。重度の場合は抜歯や外科手術を併用することがあります。また乳歯列の矯正で隙間なく歯を並べてしまうと、永久歯に生え替わるスペースが不足することもあり、注意が必要です。

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)不正咬合
奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が開いたままかみ合わすことができない状態です。指しゃぶりや口呼吸、舌で歯を押す癖などが原因と言われています。息が漏れるので発音が悪く、また物を食べる時に前歯でうまく噛みきれないなどの影響がみられます。軽度であれば矯正装置で上下の歯をかみ合わせることができますが、重度の場合は外科手術を伴います。

すきっ歯(空隙歯列)不正咬合
歯と歯の間に隙間がある状態。審美性が悪く、食べ物が挟まりやすくなります。あごに対して歯が小さすぎたり、歯が欠損していたりすることが原因です。舌で前歯を押す癖で生じるケースもあります。人工歯で隙間を埋める治療もありますが、軽度であれば簡単な矯正装置で改善できます。

口元が出ている(上下顎前突)不正咬合
上あごと下あごのどちらも前歯が出ていて、口元全体がもこっと前に突出しているように見える状態。遺伝や口呼吸、口の周りの筋肉の機能が弱いことなどが原因で、あごの骨の奥行きが大きくなっています。唇が閉じられずに開いてしまうことが多く、ドライマウスになり、唾液の分泌量の低下によりむし歯や口臭発生の原因にもなります。

かみ合わせが深すぎる(過蓋咬合/ディープバイト)不正咬合
かみ合わせが著しく深い状態で、上下の歯をかみ合わせたときに、上の前歯が下の歯を覆い、まったく見えないようなケースです。放置すると顎関節症になる場合もあります。

歯が外に生えてこない(埋伏歯)不正咬合
歯が生えてくる時期が過ぎても歯(歯冠)の全部または一部が歯ぐきの下や顎の骨の中に埋まっている状態です。乳歯が早期に脱落したり歯が抜けずに残ったり、あごの骨の不十分な発育などにより、永久歯の生える場所が不足することで生じます。治療では埋伏歯の歯冠の一部を露出させ、口腔内に牽引誘導し、正しい位置に導く矯正治療を行います。

歯が生えてこない(先天性欠損歯・健康保険適用)
生えるべき歯が生えてこない状態で、親知らず・犬歯・第二小臼歯・側切り歯などによく見られます。放置して歯がないままの状態が長く続くと、両隣の歯が欠損部分に向かって倒れてきたり、かみ合わせを悪くし歯並びが悪くなるほか、顔やあごの変形や、骨格が歪んでしまうことがあります。欠損している部分に奥から歯をずらして隙間を埋め、歯並びを整える治療を行います。

歯ぐきが目立って見える(ガミースマイル)
笑ったときや口を大きく開いた時に、歯ぐきが大きく目立ってしまう状態です。上あごの前歯が大きく前方に突出している場合や、過蓋咬合などと合わさっていることもあり、適切な歯列矯正で治療が可能です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております