毎日の歯磨きは当たり前。でもちゃんと磨けていますか?

「磨いている」と「磨けている」は、ずいぶん違います。

予防歯科

むし歯や歯周病を予防するためには、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らすプラークコントロールが重要です。プラークの中の細菌が産生する「酸」や「毒素」がむし歯や歯周病の主な原因となるため、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らすことが必要なのです。

プラークコントロール=歯磨き(ブラッシング)と思われている方も多いのですが、単に歯磨きするだけでは、プラークは除去できません。正しく「磨けている」と、単に「磨いている」はずいぶん違いますし、正しい歯磨きを行っていても取り切れない汚れや細菌があるのです。

【当院の特長】予防に勝る治療はないと考えています

予防歯科当院では、歯石除去とクリーニングを行うと共に、ご家庭での正しいプラークコントロールができるように適切なブラッシングと、歯と歯の間に通す糸ようじ、デンタルフロス、歯と歯の間を磨く歯間ブラシなどを使ったケアをていねいにアドバイスします。

むし歯になってしまった場合でも早期発見、早期治療が可能になります。早期治療は簡単な治療となり、痛みも少なく期間や費用も最小限に抑えることができます。口腔がんや舌がんが見つかることもあり、予防はどんな治療にも勝ると考えています。

全身の健康にも注目し、治療が終わった時から予防をご提案
むし歯や歯周病などは、食生活や生活習慣がそもそもの原因となることもあります。その問題を解決することなく、現在の状態だけから治療を進めていくことは、また、同じような病気やトラブルを引き起こすことになるのです。

当院は、治療が終わったときに予防の大切さをお伝えし、今後の治療計画を立てていきます。歯磨き指導やクリーニング、食生活のアドバイスなど豊富な予防メニューで、むし歯予防や歯周病予防に努めています。

バイオフィルムをご存じですか?

バイオフィルムむし歯菌の一種、ミュータンス菌は特に感染力が強く、歯の表面に強烈に付着する性質があります。ミュータンス菌を中心とした細菌は互いに手を取り、スクラムを組んで固まっていることがわかっています。これが、バイオフィルムです。

バイオフィルムは強力なバリアで表面に膜を形成するために、通常の歯磨きでは破壊することができません。しかも奥歯の裏側や細かい隙間、一本一本の歯それぞれにある、細かくて形状の異なる溝など、口内には磨きにくい箇所がたくさんあります。こうした部分には細菌がたまりやすく、集まった細菌は歯の表面に「バイオフィルム」を張って固着してしまい、むし歯になっていくのです。

【PMTC】プロによる本格的な歯のクリーニングをご用意しています

PMTC抗菌剤でも歯磨きでも破壊できないバイオフィルムを、専用の機器を用いて破壊して除去するのが、本格的な歯のクリーニングPMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)です。

当院では、専用の器具やペーストを用いて、歯の表面に付着したバイオフィルムや汚れをていねいに取り除いていきます。専用の機械を用いて除去します。歯をきれいにすることで、むし歯や歯周病予防はもちろん、歯を白く清潔に保つ効果があります。施術時間は30分〜1時間程度です。

PMTCの流れ
STEP1.治療計画
歯の染め出し検査などでお口の中を診査します。お口の状態をしっかりとご説明し、今後の治療方針をご相談します。
次へ
STEP2.治療計画
専用の器具を使い、バイオフィルムや細部の歯石までていねいに取り除きます。
次へ
STEP3.着色除去
専用のクリーニング器具で、歯の表面のヤニや茶渋などの着色汚れを除去します。
次へ
STEP4.ホームケア
最後にご家庭でのブラッシング指導を行い、今後の治療計画をご案内します。

【妊娠中の方へ】ママと赤ちゃんの歯を守る歯科予防をおすすめします

妊娠中の方へ妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化したり、つわりなどで歯磨きしにくいこともあるため、歯のトラブルが起こりやすくなります。それまで小さかったむし歯が大きくなったり、歯ぐきが腫れやすくなったりします。

どうして妊娠中にむし歯の治療を
しないといけないの?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はほとんど見つかりません。多くの場合、育児をするお母さんのお口の中のむし歯菌が赤ちゃんにうつっているのです。ですから赤ちゃんが生まれる前に、お母さんのお口からむし歯菌をなくしておくことが大切なのです。

妊娠中の歯の治療を受ける時、注意したいポイント

妊娠中の歯科治療が行える時期
治療は妊娠中期(5〜8ヶ月)であれば、ほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は、基本的に応急処置のみ行います。

母子健康手帳
妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。妊娠中の歯の状態のページをチェックし、妊娠中の健康状態を把握します。

問診票
妊娠期間や産婦人科の主治医、歯科治療に関するご要望などを詳しく記入してください。

主訴
治療ユニットに座ったら、もう一度歯の状態を歯科医師に説明してください。そして、診断の結果どういう治療が必要か説明を受けましょう。よく納得してから治療を受けることが安心感につながります。

治療時の体位
おなかの張り具合や個人差にもよりますが、治療ユニットをあまり倒しすぎず、楽な姿勢でいられるようにリクエストしましょう。

治療
妊娠中期にはほとんどの治療が可能です。ただし抜歯は避けています。

投薬
原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合は我慢することが逆におなかの赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、産婦人科の先生と相談したうえで投薬することもあります。

立ちくらみ、頻尿、つわりについては、遠慮なくお申し出ください
妊娠中は、急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりトイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。治療ユニットから立ち上がるときはゆっくり立ちましょう。また、トイレやつわりについても遠慮なくお申し出ください。

妊娠中は特にインフォームド・コンセント(説明と同意)を重視しています。不安なことや疑問は何でも相談していただき、納得し安心して治療を受けてください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております