子どもはみんな、歯医者さんが嫌いでしょうか?

痛い治療を経験しなければ、歯医者さんを好きになるはずです。

院長あいさつ

小児歯科は、将来の歯並びや歯の健康や、生活習慣にも大きく関わっていきます。お母さん方・お父さん方には子どもに磨きの習慣を身につけさせ、小学校の低学年までは仕上げ磨きをしてあげてください。間食や糖分の多い物をなるべく控えましょう。

【当院の特長】通うのが好きになる小児歯科をめざしています

小児歯科「歯医者に行くだけで泣く」「診療チェアに座らない」
お子さんの歯の治療に関して、このようなお悩みはありませんか?当院ではお子さんの様子を注意深く見ながら、きめ細かく配慮をし、少しずつ治療を進めていきます。不安があれば、それが解消されるまで根気よく待ち、歯科医院が怖いところではなく、楽しいところだと思ってもらえるように努力しています。

院長やスタッフも笑顔を大切にしています
お子さんが嫌がっている間はけっして治療を無理強いしません。それは、お子さんが自ら進んで抵抗なく歯科医院に通えるようにすることが、とても大切だからです。お子さんの話をよく聞いて、怖いものやイヤなものを一つずつ取り除いていきます。

永久歯のカリエスフリーをめざしましょう

小児歯科カリエスフリーとは、むし歯が1本もない状態のことを言います。小さい時から歯科の定期検診を受けていれば、決して難しいことではありません。乳歯にむし歯ができてもその後のケアができていれば大丈夫です。ぜひ、親子で頑張ってください。

当院では予防として、乳歯・幼若永久歯(生えたばかりの永久歯)には歯磨きとフッ素を塗布します。1〜3か月に1度歯科検診を受けていただき、歯磨きと食生活の指導をします。私たちと一緒にむし歯ゼロをめざしましょう!

「励まして、ほめる!」をご両親にもお願いしています

小児歯科お子さんが歯科を怖がっても、お母さん方には「決して怒らないでください」とお伝えしています。なぜ治療しなければならないのか、このままだとどうなるのかじっくり話して聞かせると、ほとんどのお子さんは納得して、自分から進んで治療を受けてくれるものです。

頑張って治療が終わったら、毎回必ずほめてあげてください。ご褒美として物を買い与えるようなことは、できるだけ控えてください。なぜなら治療を受けるのは、お子さん自身のためだということを理解してほしいからです。当院ではお子さんの将来のために、ご両親を全力でサポートする体制を整えております。

生活習慣の改善に力を入れています

小児歯科子どもがむし歯になる原因は、食生活に問題がある場合が多いようです。お口の中は食事をとると酸性に変わり、食べ終わった後にだんだんと中和されていきます。お口の状態が元の状態にもどるまでに4時間かかると言われています。しかし、食間におやつなどをダラダラと食べ続けていると、お口の中はいつまでも酸性の状態が続き、結果的にこれがむし歯の原因になります。

食べたら歯磨きの習慣を
甘いものを食べた後は、その都度、歯磨きをするか、水やお茶で口をすすぎ、常にきれいな状態を保てるように心がけましょう。歯磨きの後は甘いものを食べない習慣をつけましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております