口内炎やドライマウスを繰り返していませんか?

歯やお口のトラブルは、食生活が原因のことも少なくありません。

栄養療法

最近、「口内炎ができやすい」「口の中が乾く」「口臭が気になる」と訴えられたり、
「人間ドックや健康診断で異常がないにもかかわらず、体調が思わしくない」という患者様が増えてきました。

口内炎やドライマウスなどの症状は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素の不足から起こることがあります。そして、お口の中の状態は全身の状態を反映します。私たちは、お口は健康の入口だからこそ、歯科医療者としてお口からの健康作りのお手伝いをする責任があると考え、栄養療法に取り組むようになりました。

思い当たるフシはありませんか?
もし「口の中が荒れてるなぁ・・・」と思ったら、以下のような栄養素が不足しているかもしれません。
●鉄分
●タンパク
●亜鉛
●ビタミンB

<栄養療法とは>
「分子整合栄養医学(Orthomolecule nutrition and medicine)」
生体内に正常にあるべき分子(molecule)を至濃度に保つ(ortho)充分量の栄養素(nutrition)を摂取することによって、生体機能が向上し、病態改善が得られる治療法(medicine)。
自らの自然治癒力を高めて病気の進行を防ぎ、症状の改善、さらには病気の予防を目的とします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております