インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

インプラントのメリットインプラント
・自分の歯のように見た目が自然できれいな外観を回復できる
・長期間安定したかみ合わせを保ち、力強く噛むことができる
・失った歯の数が多くても噛む力を回復できる
・健康な歯を犠牲にする必要がない
・自然の歯と同じような機能が期待でき、発音に支障が出ない
・あごの骨が衰えるのを防ぐ
・正しいメインテナンスにより長期間使える

インプラントのデメリット
・外科的手術が必要
・ある程度、治療期間が長期になる
・保険が適用されず、比較的費用が高額
・歯科医師の熟練度や、高度な滅菌システム、精度の高い技術が必要
・インプラント埋入後、定期的なメインテナンスが必要
・骨の状態や重度の糖尿病、ヘビースモーカーなど、適応しない場合もある


ブリッジのメリットブリッジ
・自然の歯と同じような見た目にすることができる
・ある程度、自分の歯と同じように噛むことができる
・ほとんど装着感なくつけることができる
・かみ合わせを回復することができ、歯をつなぐことで噛む力を分散させることができる
・保険治療の場合は安価

ブリッジのデメリット
・両側に健康な歯がないと治療できない
・多くの歯を失った場合は対応できない
・健康な歯を削るので、土台となる歯に負担がかかり寿命が短くなる
・歯磨きしにくくなり、むし歯や歯周病になりやすくなる。
・長持ちしない場合が多い
※ブリッジ...失った歯の両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法です。


部分入れ歯のメリット部分入れ歯
・治療期間が短い
・取り外しができるので手入れが簡単
・保険治療の場合は安価

部分入れ歯のデメリット
・装着した時の違和感が生じやすい
・思うように発音ができなくなる場合がある
・安定したかみ合わせを長期間維持できない
・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
・見た目が不自然になることがある
・硬いものを強く噛むことができない
・取り外しての手入れが必要
・長期間の使用により顎の骨が退化することがある
・数年ごとに作り替えたり、調整する必要がある

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております