【欠損補綴について】歯を失うとさまざまなトラブルが起こります

欠損補綴永久歯を失ってしまうと二度とその歯は生え替わりません。しかもたった1本の歯を失っただけで体全体のバランスが崩れてしまいますので、できるだけ早く抜けた部分を補う治療が必要です。

歯が抜けた後、そのままにしておくと
こんなトラブルが起こります

・両端の歯が失った歯のあった位置に傾斜してくる
・対合歯(噛み合っていた反対側の歯)が飛び出してくる
・歯の隙間が広がり、噛む力が弱まってくる
・残りの歯に加わる力が大きくなり、健康な他の歯の寿命を縮める
・きちんと噛めないため、胃腸などの消化器官へ負担がかかる
・上手く発音ができなくなる
・噛むことで得られる脳への刺激が減少する

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております