お子さんがポカンとお口を開けていませんか?

舌やお口の悪いクセや習慣を治し、自然で健やかな成長に導くことが必要です。

筋機能トレーナー治療

口を閉じている子は上あごの歯の裏に舌をつけていますが、口呼吸でよく口を開けている子は舌が下あごの中に入り、下あごが横に広がり、上あごが狭くなり、前歯がガタガタになりやすいのです。

口呼吸の習慣を治さずに矯正で歯並びを治したとしても、結局後戻りしてしまいます。口呼吸をしていると鼻を使わないことから、口からウイルスや花粉などを直接吸い込むため、風邪やインフルエンザにかかりやすく、アレルギーの原因にもなると言われています。口呼吸を改善することが大切です。

お子さんのお口まわりと癖のチェック 〜心当たりがありませんか?
□ ふだんの舌の位置が、歯と歯の間から出ている、あるいは下の前歯を押している
□ 舌の脇に歯型のようなへこみがある
□ 唇を閉じて鼻だけでしばらく呼吸をすると苦しい
□ いつも口を開けている
□ 唇を閉じると筋肉が緊張し、おとがい(下顎の先)にシワができる
□ 唇を閉じるとへの字になる
□ 水を飲むとき、舌が歯と歯の間から出てコップを迎えにいく
□ 水を飲むとき、前歯で舌を噛む
□ 水を飲むとき、唇に力が入る
□ サ行やタ行を発音するとき、歯と歯の間から舌がでる、英語のthのような発音になる

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております