小児矯正には「第一期治療」と「第二期治療」があります

小児矯正第一期治療は6〜7歳ごろから、あごの成長を調整したり、あごの骨を広げたりする治療などを行います。矯正がどこの段階まで進むかは個人差があり、第一期治療だけで歯並びが整う場合もあります。

第二期治療は中学生・高校生ぐらいから行い、ワイヤーで歯並びをしっかり整え、最適なかみ合わせを作っていきます。第二期治療終了後は、仕上げ治療(保定)を行います。ここでかみ合わせをしっかり完成させておくと、一生きれいに保てる歯並びになります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております