生活習慣の改善に力を入れています

小児歯科子どもがむし歯になる原因は、食生活に問題がある場合が多いようです。お口の中は食事をとると酸性に変わり、食べ終わった後にだんだんと中和されていきます。お口の状態が元の状態にもどるまでに4時間かかると言われています。しかし、食間におやつなどをダラダラと食べ続けていると、お口の中はいつまでも酸性の状態が続き、結果的にこれがむし歯の原因になります。

食べたら歯磨きの習慣を
甘いものを食べた後は、その都度、歯磨きをするか、水やお茶で口をすすぎ、常にきれいな状態を保てるように心がけましょう。歯磨きの後は甘いものを食べない習慣をつけましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております