むし歯の治療は「痛い」と思って敬遠していませんか?

ご安心ください。今は、ほとんど痛くない治療が可能です。

一般歯科

従来の歯科医療は、むし歯になった歯を削って詰めたり、被せたり、歯を抜いて入れ歯を入れたりなど、いわば病気になってしまった後の治療でした。しかし今は、むし歯になる過程をしっかり理解し、むし歯を予防し、健康な歯を守り育てる歯科医療へと移行することが必要と考えられるようになりました。それがカリオロジー(むし歯学)という考え方です。

そしてむし歯治療についてもさまざまな治療法が開発され、今ではほとんど痛みを感じずに治療することが可能になっています。しかし、もちろん軽いむし歯であるほど治療は容易になります。ズキズキと我慢できないほどの痛みになってから治療を受けるのではなく、できるだけ早いうちに。そして、その後は予防でむし歯の再発を防ぐ。そんな歯科治療が広まっています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております