親知らずで悩んでいませんか?

形状や神経の状態を把握して、タイミングよく対処することが必要です。

口腔外科

最近、あごの小さい方が増えると共に、親知らずが横向きに生えたり表面に出てこないなどトラブルも増えて悩まれる方が多くなってきました。親知らずの抜歯は、歯科用CTによる正確な診断と熟練した歯科医師の診療技術が必要ですので、口腔外科診療を得意とする歯科医院で治療することが求められます。

【当院の特長】歯科用CTや口腔外科専門医、専門施設との連携で安心の医療

口腔外科当院は、歯科CTを導入して、骨や神経の状態も精密に把握することができるため、的確で安全な抜歯が可能です。また嚢胞摘出手術など歯科小手術にも対応します。難症例については、口腔外科専門医や日本歯科大学病院、東京都江東高齢者医療センターなど専門施設との連携も整備していますので、安心してご相談ください。

口腔がん検診指定歯科として、口腔全体の診療も行います

口腔がん検診指定歯科口腔がんは、できる場所によって「舌がん」「歯肉がん」「口腔底がん」「頬粘膜がん」「口蓋がん」「口唇がん」に分類され、部位別では舌がんが最も多く、次に多いのが歯肉がんとなっています。他のがんとは違って患部を直接診ることができるので、早期発見しやすいがんといえるのですが、あまり知られていないため進行するまで放置されているケースが多く、亡くなられる方も年々増加しているがんです。舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎などには注意が必要です。

進行したむし歯をそのままにしていたり、合わない入れ歯を無理して使い舌や頬を傷つけたり、口の中が歯垢や歯石で汚れていたりすると口腔がんが発生しやすくなります。口腔がんは歯科医院で見つかるがんです。当院は、江戸川区の口腔がん検診指定歯科医院として、地域の皆様の健康のお役に立ちたいと考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております