痛い、合わない、噛めない入れ歯で我慢していませんか?

しっかり噛めるお口にフィットする快適な入れ歯をお作りします。

入れ歯治療

「痛いので使えない」「壊れる」「しゃべっていると入れ歯が外れる」
せっかく入れ歯を作ったのにこんな悩みをお持ちの方が多いようです。口の形は人それぞれであり型取りがとても難しいため、入れ歯治療は特に歯科医師の診療技術が求められる治療と言われます。

【当院の特長】型取りを重視して、精密な入れ歯を作ります

入れ歯治療ぴったり合う入れ歯を作るために何より大切なのは、患者様のお口の中の状態を正確に把握することです。特に型取りは入れ歯の出来映えを左右する重要なポイントですから、当院では型取りにも力を入れ、精密な入れ歯治療を行っています。

一般的には決められた枠で歯型を採りますが、当院ではそれぞれの患者様のお口に合った枠(個人トレー)を作成した上で、再度精密な型を採ります。骨が出っ張っている場合や、歯肉の厚みが薄い・厚いなどの口の中の状態、入れ歯をどこで受け止めるかなど、人によって型はさまざまです。当院ではかみ合わせや口の裏側の状態などを考え、またクラスプの位置や種類に気を配り、きめ細かく調整しています。

目指すのは、入れ歯を入れても自然に見えてしっかり噛めること

入れ歯入れ歯はお口の中に異物を入れることになるため、天然の歯と違って多かれ少なかれ違和感はあります。当院ではできるだけ違和感のない入れ歯をご提供するために、お口への負担の少ないものや装着感のよい物など、多様なタイプの入れ歯を取りそろえています。

保険適用と自費診療の入れ歯
入れ歯には保険診療で作れる入れ歯と、自費診療で作る入れ歯があります。自費診療の入れ歯は、素材や構造によってさまざまなタイプがあり、費用も異なります。お口の中の状態に合わせて素材から選べるので、ぴったりとフィットした違和感の少ない入れ歯を作ることもできます。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯
・使用できる材料に制限がある
・入れ歯が厚く、装着感が悪い
・使用する樹脂の熱伝導率が低いので、食べ物の温度が伝わりにくく、美味しく感じられない
・自費診療の入れ歯に比べて強度が低い
・経済的な負担が少ない

自費診療の入れ歯
・入れ歯を薄くできるので装着感がよい
・金属床の入れ歯は食べ物の温度が伝わりやすく、美味しく感じられる
・保険診療の入れ歯に比べて、壊れにくい
・汚れがつきにくいので清潔を保てる
・経済的な負担が大きい

美しさ・快適性・安全性を兼ね備えた部分入れ歯「バルプラスト」

バルプラスト歯の表面に留め金(クラスプ)がないため、目立たず快適な入れ歯です。安定性や機能性にも優れており、硬い物や粘り気のある物も食べやすいのが特徴です。ほどよい弾性があるため、入れ歯でぐっと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげます。吸着力もよく食べ物を噛む力も向上し、「痛い・噛めない・外れやすい」といった悩みを解消します。

発音もしやすく、金属アレルギーの心配もありません。お仕事や趣味など積極的に取り組まれる方に喜ばれています。

入れ歯の定期検診をお勧めしています

入れ歯の定期検診入れ歯も使っている間に傷んだり、壊れたりすることがあります。また年齢と共に歯ぐきが衰えてくるなど、お口の状態はだんだん変わってきます。そのため、最初はぴったりと合っていたはずの入れ歯も長年使っているうちに合わなくなってくることがあります。

入れ歯を快適に使うためには、お口の状態の変化に合わせてきめ細かく調整することが必要です。そこで、当院では、3ヶ月に1度の定期検診をお勧めしています。定期検診では入れ歯以外の部分も診査し、残っている歯のクリーニングも行いますので、むし歯や歯周病の早期発見にも役立ちます。

歯磨きがうまくできない方にもおすすめです
ご高齢になると、手に力が入らず歯磨きが大変という方も多いものです。歯磨きが行き届かないと、残った歯や歯ぐきの健康が守れず、また口腔内が不潔になるので感染症にもかかりやすくなります。入れ歯を作られたら、ぜひ歯科クリニックでの定期検診とクリーニングを受けてください。

【欠損補綴について】歯を失うとさまざまなトラブルが起こります

欠損補綴永久歯を失ってしまうと二度とその歯は生え替わりません。しかもたった1本の歯を失っただけで体全体のバランスが崩れてしまいますので、できるだけ早く抜けた部分を補う治療が必要です。

歯が抜けた後、そのままにしておくと
こんなトラブルが起こります

・両端の歯が失った歯のあった位置に傾斜してくる
・対合歯(噛み合っていた反対側の歯)が飛び出してくる
・歯の隙間が広がり、噛む力が弱まってくる
・残りの歯に加わる力が大きくなり、健康な他の歯の寿命を縮める
・きちんと噛めないため、胃腸などの消化器官へ負担がかかる
・上手く発音ができなくなる
・噛むことで得られる脳への刺激が減少する

歯を失った場合の治療には、3つの選択肢があります

歯が抜けた後の治療には、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントと3種類の治療法があります。どれもメリットとデメリットがありますので、当院では事前にしっかりとご説明し、患者様がご自身にとっていちばんよいと思う治療法をお選びいただきます。

部分入れ歯ブリッジインプラント

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております