口臭や、歯ぐきからの出血が気になっていませんか?

それは治療と予防が必要な、歯周病かもしれません。

歯周病

歯周病とは、お口の中の細菌によって引き起こされる感染症です。進行すると歯ぐきが腫れたり、歯を支える骨が溶けて歯がぐらぐらになり、そして最後には歯が抜け落ちることがあります。

歯ぐきの腫れ・口臭・歯のぐらつきなどの自覚症状を感じるころには、かなり進行している可能性が高く、治療が難しくなってしまうケースが多くなります。35歳以上の方の80パーセントがこの歯周病かかっているというデータもあり、気がついた時は手遅れということが多く、中高年の方が歯を失う最大の原因となっています。

【当院の特長】生活習慣を見直し、確実なプラークコントロールを実現します

歯周病治療歯周病は感染症ですが、毎日の食生活や歯磨きなどが大きく関わる生活習慣病でもあります。そこで当院では、歯周病を根本的に治すために、症状の正確な診断に加えて、患者様の食生活や生活習慣を詳しくお聞きして改善をご提案します。治療では、まず見える部分(縁上)と見えない部分(縁下)共に徹底的な歯石除去を行い、プラーク(歯垢)を取り除くプラークコントロールを行います。

食生活と口呼吸に注目して、改善をアドバイス
歯周病は、糖質の多い食生活では改善しないことがわかってきています。また、口呼吸では口の中が乾燥するので細菌自体が増え、慢性的な炎症が起きます。お年寄りの場合は、お口の中の機能が低下し、舌が下がると口呼吸になりやすくなります。このように、食生活や口呼吸を改善することも歯周病治療では大切な要素です。当院では、患者様ご自身の理解と、充分な生活やブラッシング指導に力を入れて歯周病治療を行っています。

<歯周病危険度チェックリスト> ※2つ以上該当すると要注意です。
□ 歯ぐきが赤く腫れていませんか?鏡で見てみましょう。
□ 歯を磨くときに、歯ぐきから血がでますか?
□ 人から口臭を指摘されることがありますか?
□ 食事をするときに、歯と歯の間によくモノがはさまりますか?
□ 歯がグラグラと動いてますか?

歯周病は全身疾患にも関わります

歯周病歯周病の影響は歯だけにとどまらないことが最近の調査でわかってきました。たとえば、ノースカロライナ大学の研究によると、歯周病のある人が心臓病(狭心症や心筋梗塞)などになる確率は、歯周病のない人に比べて1.5〜3倍にのぼり、また、歯周病の女性が低体重児を早産する確率は歯周病のない女性の7倍になります。

さらに歯周病が糖尿病の合併症の一つであることや、また口の中の細菌と骨粗しょう症の因果関係もわかっています。重篤な歯周病の方は全身疾患もお持ちの方が多く、医科との連携が大切になります。高齢の方が歯周病の原因菌を吸い込むと、誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。歯周病をしっかり治療することが、こうした病気を予防することにもなります。

特に女性の方に気をつけていただきたい理由があります

歯周病女性の方が医の健康に意識が高く予防歯科を利用する割合が高いのに、歯の寿命は短いという事実があります。それは歯周病菌の中に女性ホルモンを好むものがあり、女性の方が歯周病は進行しやすいのです。

特に妊娠中は妊娠性歯肉炎という病名もあるように、歯肉が腫れたり歯肉から出血することが多くなります。また、閉経後は逆に女性ホルモンの分泌が減少して骨粗しょう症にかかりやすくなり、歯を支える骨の破壊を加速させることがありますので、ここでも歯周病が大きく進行することがあります。ですから、特に女性の方には正しい歯磨きやケア方法を会得して、定期的な検診とメインテナンスを行ってください。

歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病歯周病の進行
歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分にプラーク(歯垢)がたまり、そこに細菌が繁殖して初期の歯周病となります。歯肉が軽く腫れたり出血することもあります。まだ初期の段階ですので、歯科衛生士によるブラッシング指導と数回のクリーニングで回復できます。

中等度歯周病歯周病の進行
口臭や出血もひどく、歯石もかなり目立つ状態。歯周菌によって骨が後退を始め、歯周ポケットも深く、歯がぐらついた状態になります。
歯の表面や歯周ポケットの歯石を取り、歯肉の状態が改善された段階で再検査を行います。歯周ポケットの奥まで歯石が付いている場合は、外科手術が必要な場合もあります。

重度歯周病歯周病の進行
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊され後退しています。歯のぐらつきも大きく、かなり危険な状態です。
症状によっては歯周外科で治療する必要があります。治療しても改善がみられない場合には、抜歯となります。

当院の歯周病治療メニュー

スケーリング(保険診療)スケーリング
歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去します。表面がざらざらしている歯石を取り除くことで、プラークが付着しにくい状態に歯周病を改善していきます。歯石は一度除去してもしばらくすると再形成されますので、定期的にスケーリングを受けることをおすすめします。当院では、歯石の付き方により通院間隔をご案内します。

歯周ポケット搔爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3〜5ミリメートル程度の、比較的軽度の場合に行う治療法です。

歯肉切除
歯肉が腫れ上がっている場合に行う手術です。患部の歯肉を切除し、縫合して歯周病の進行を防ぎます。比較的簡単な手術ですので、短時間で終わります。

フラップ術
歯肉を切開して歯槽骨から剥離することで、露出した歯根の歯垢・歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージをうけた歯肉などの組織を除去し、歯肉をもとの健康な状態に戻します。これは症状が重症な場合に適した治療法です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております