根管治療(歯内療法)をご存じですか?

歯の寿命を決める重要な治療です。

根管治療

むし歯の治療の際、「細い金属の器具を、歯の根の内側に何度もグリグリと差し入れては引き抜く」という工程を経験された方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?これが一般的に行われている根管治療です。

むし歯が進行し神経まで達して痛みが強くなると、根管内の神経を取り除く必要があります。そこで、リーマーやファイルと呼ばれる器具で、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するために、根管内を消毒し、薬を入れて細菌が入り込まないようにします。

【当院の特長】歯の寿命を決める根管治療に力を入れています

根管治療実は根の治療は、実はかなり難しいものです。それは根の中は直接見ることができず、形も人それぞれなので、細菌を取り除くことが非常に難しいからです。歯の根管内は細く入り組んだ形状をしています。途中で曲がっていたり枝分かれしたりしている上に、歯それぞれに違う形状をしているため、細部まではレントゲンでも確認できません。

細菌を取り残した状態で詰め物や被せ物を装着すると、後で細菌が増殖してむし歯が再発していまいます。治療を受けても何度もむし歯になるというのは、これが原因です。当院では、歯の寿命に大きく影響する治療として根管治療を重視し、精度の高い治療を心がけています。

歯科用CTを使い精密な治療を行います

歯科用CT最近は、顕微鏡やルーペを使った根管治療も行われるようになってきました。しかし顕微鏡を使ったからといって、必ずしも治療が上手くいくとは限りません。根管治療は歯科医の経験と診療技術が特に必要とされる分野で、アメリカでは根管治療は専門医院が行うほどです。

当院では、歯科用CTで歯や歯の内部にある神経・根尖の部分を精密に診断し、複雑な形状や歯裂を把握した上で、根管治療にも豊富な経験をもつ歯科医師が、歯質や神経を取り除き、細菌に対するコントロールをしっかり行った上で、慎重に治療しています。難症例の根の先を切る手術(歯根端切除術)にも対応します。

根管治療(歯内療法)の流れ

根管治療(歯内療法)の流れ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております